金融業界のあらゆるニュースの情報サイト

ゆうちょ銀行、新規業務を検討

ゆうちょ銀行は通常の業務の他に、株価の先物取引や投資スキームへの出資などを行っていますが、日々変化している経済情勢を元に、新規のローンに関する業務についての再検討を行っているとのことです。

マイナス金利など金融に関するニュースが話題になっていますが、一部の銀行では、預貸業務で黒字を得られないという状況にあるようです。

長門社長は、銀行として、どの業務を優先するべきか再検討を行う必要があり、検討の結果次第では、今までとは違った業務や運営に関する結論が出てくる可能性もあるとのことです。

さらに住宅ローン以外にも、企業への貸し出しや個人ローンなど新規業務を行えるように、金融庁や総務省に申請しており、新たなビジネスへの進出は新たな問題も発生するのではないかと言われています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。