金融業界のあらゆるニュースの情報サイト

りそな、アプリを投入で差別化を図る

りそなホールディングスの東社長は、2018年の2月に傘下の銀行のサービスや商品を提案するスマホアプリを投入すると明らかにしました。

これは、カード決済や口座の残高の履歴を分析してから金融商品をユーザーに提案するという試みであり、個人向けのサービスを強化することに繋がるのだそうです。

アプリをダウンロードすると、お金の振込や残高の照会など銀行窓口で行う手続きもできるようになりますし、通話やメール・チャットなどにより、年中無休で担当者と相談することも可能になるとのことです。

銀行による情報発信を受け取ることができたり、ユーザーそれぞれに応じた金融商品の提案も行われることにより、店舗縮小ぎみのメガバンクとの差別化を図っているのだそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。