金融業界のあらゆるニュースの情報サイト

アメリカが三菱UFJを調査、疑惑とは?

21日、アメリカのニューヨークタイムズ紙が、三菱UFJが北朝鮮の絡むマネーロンダリングに関係しているのではないかとアメリカ検察が調査しているという事を報じました。

去年には、マンハッタンにある連邦検察当局が召喚状を三菱UFJに発行したという事ですが、マネーロンダリングに違反した疑いがあるとして処罰するために訴訟を行ったのだそうです。

国際的な制裁リストに記載されている企業や個人と、取引を行わないための社内システムを三菱UFJは無視していたという事です。

北朝鮮と取引をしている中国人に対しての身元確認システムが硬められていなかったとも言われています。

まだ疑いの段階ではあるそうですが、この話が本当ならひどい事ですから、事実を明るみにしてほしいですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。