金融業界のあらゆるニュースの情報サイト

パチンコ税導入 野田自民税調会長が前向き姿勢

自民党の野田毅税制調査会長は23日に、パチンコ税創設に関して、各自治体に地方税としてのパチンコ税導入検討を促しました。
導入については賛否様々な意見がされていますが、賛成意見の方が多く見受けられるように感じます。
一方反対の意見は課税が換金時になることから課税対象が客側のみになり、パチンコをギャンブルとして合法化する必要があることを問題視しています。

同氏は平成元年の消費税導入前には、地方自治体が自分たちの財源を自力で集める努力が合っても良いと述べていました。さらにパチンコ税が全国一律で導入された場合には仮に課税を1%とした場合、2000億円の財源が生まれると試算しています。

さらに党内で浮上している携帯電話の課税についてははっきりと先送りを示唆しました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。