金融業界のあらゆるニュースの情報サイト

マイナス金利は景気にプラスになる?

近年のマイナス金利の政策が批判されていますが、専門家から見れば正当性があるようなのでご紹介いたします。

伝統的な金融政策を行い、景気が悪い時に金利を下げて、景気が良くなったら上げるという政策で、マイナス10%の金利で景気回復に役立てるのです。

マイナス金利は銀行への悪影響があると考えている方もいるかもしれませんが、長期的な金利の引き下げによる量的な緩和政策のためであり、中央銀行が短期の金利をゼロにしてからマイナス金利の政策を行っていれば、銀行の状態の悪化には繋がらなかったと考えられます。

金融機関による当座預金の政策と、量的緩和の政策を併用しても効果を得られませんので、銀行が伝統的な政策を行い、マイナス金利へ誘導することが求められます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。