金融業界のあらゆるニュースの情報サイト

ロシアでビットコイン発行すると7年の実刑

ロシア財務省がビットコインユーザーに最高4年の服役を課す法案を提出していますが、米メディアにより、報じられましたが、この法案は厳格化され、銀行などの金融機関に対しては、最高実刑7年と250万ルーブル(約405万9965円)の罰金に加えて、ロシアにおける金融業務の永久廃止えお伴う、厳罰が与えられます。

ビットコイン等の仮想通貨に対してルーブル以外の通貨を自国の通貨として認めることができないとして、一貫して否定的であったロシアは2014年1月にロシア中央銀行がビットコイン取引を廃止し、翌月にはロシア検事総務局長が利用を禁止する声明を発表しました。仮想通貨の利用は犯罪行為と見なされるとニュースサイトに掲載されました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。