金融業界のあらゆるニュースの情報サイト

成田空港 4月から1年間、新規就航路線の着陸料を無料に

26日、成田国際空港会社は新規就労路線に向けた新たな割引制度の実施を4月から導入することを発表しました。
今回導入される制度は、国際線、国内線共に新たに就航する路線について、航空会社が負担する着陸料を最大1年間無料にするといったもの。
初期コストを軽減する制度を整えることで新規路線の誘致を図る考えで、アジアの中核航空を巡る競争に対抗します。

実施されるのは今年の4月から3年後の3月末まで。既に同社が行っている国内線を対象とした着陸料を最大半額にする割引制度と合わせた場合、1年目の着陸料を無料にすることが出来ます。
2年目の割引については最大25%の割引となるようです。

同日に行われた記者会見で、成田国際航空会社の夏目誠社長は「優遇措置をとることで初期コスト負担を軽減することが、新規路線の開拓に繋がる」と話しました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。