金融業界のあらゆるニュースの情報サイト

損保ジャパン、ドライブレコーダーで安全運転を支援へ

近年、高齢者の車の運転ミスによる痛ましい事件が多く話題になっていますが、11日、損害保険ジャパン日本興亜に加入する65歳以上の高齢者へ、専用のドライブレコーダーを無料貸し出しするという初の取り組みが行われると分かりました。

安全運転を支援することにより、高齢者の契約率増加を狙い、自動車事故率を減らすという目的があり、ドライブレコーダーの貸し出しは4月から行われ、3月から受付開始されるとのことなので、高齢者ドライバーはぜひ利用しましょう。

衝突の危険がある場合には警告音が出されたり、事故が発生した際には家族の元へ緊急メールを送信するという機能も備わっているとのことなので、ご家族も安心できますよ。

事故件数は全体的には減少傾向にありますが、高齢者ドライバーは増加していきますから、安全運転支援が急務になっています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。