金融業界のあらゆるニュースの情報サイト

新生活スタート、でも空室が埋まらない?

4月になり、新しい環境での生活を始めたり、新しい物件を探して住むという人も多いかもしれませんが、神奈川のある地域では新生活になっても空室が埋まらないという状況や、家賃が半分以下に下がるという状況になっているため、地元の不動産屋が頭を抱えているのです。

神奈川の相模原は、東京へのアクセスも良好で商業施設も充実しており、東京のベッドタウンとして発展していますが、現在、入居者募集中の物件や空室のあるアパート・マンションが目立っており、人口が減少しているにも関わらず、投資用の物件が増加しているのです。

近年では相続税対策やマイナス金利の影響を受けて、富裕層でアパートローンを利用している人も多く、家賃保証のトラブルなども報告されているようです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。