金融業界のあらゆるニュースの情報サイト

配偶者控除の見直しでどう影響?

共働き世代や働く女性が増え、女性の働き方が変わってきたことにより、配偶者控除が見直しが話題になっていますが、それによりパートとして働く主婦などの働き方に影響が出てくるかもしれないとのことです。

配偶者控除とは、納税者である夫と結婚した妻(配偶者)の税金を優遇し控除が受けられるという制度であり、控除が受けられるのは妻が無職であるか、あるいは103万円以下の収入であることが条件です。

2017年に配偶者控除が廃止となった場合、今まで控除されていた家庭に税金がかかり、収入が減少してしまうことが考えられます。

収入を増やすためには、妻の年収のボーダーラインを確認してシフトを組んだり、生じる税金について確認しておくことが大切なので、来年に向けて働き方を考える必要がありそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。