金融業界のあらゆるニュースの情報サイト

NISA半年経過 今後の課題は裾野拡大

年100万円までなどの株式等の投資に関して税金が免除される少額投資非課税制度(NISA)が開始してから早半年。
3月末時点で投資総額は1兆円を超えるなど順調に伸びているものの、現在新たな課題として投資未経験者の裾野の拡大が課題となっています。
各証券会社はこうした課題に対して、NISA利用のイメージを具体的にするCMをながすなど様々な取り組みを行なっているようです。

SMBC日興証券は2日に女性限定のセミナーを開き、「資産を守る為にNISAを活用して欲しい」との呼びかけを行ないました。
それに続き大和証券や瑞穂証券も女性限定セミナーを開催し、みずほの営業統括部次長は「不十分だった投資未経験社の取り込みを拡大したい」と話しています。
また分かり易い商品を前面に出し、仕組みが分かり易い5商品の手数料を無料とする等、投資経験が少ない顧客の開拓を狙います。

業界では麻生太郎金融担当相が1日に言及した非課税枠240万円の拡大に期待が集まっており、これを使い切る為の駆け込み投資が年末に期待出来るそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。