金融業界のあらゆるニュースの情報サイト

カテゴリー:企業

損保ジャパン、ドライブレコーダーで安全運転を支援へ

近年、高齢者の車の運転ミスによる痛ましい事件が多く話題になっていますが、11日、損害保険ジャパン日本興亜に加入する65歳以上の高齢者へ、専用のドライブレコーダーを無料貸し出しするという初の取り組みが行われると分かりました。 安全運転を…

詳細を見る

熊本県の金融機関で通帳やカードが無くても引き出し可能

熊本県内の各金融機関では被災した一分の店舗を除きまして通常通り営業を行っており、通帳やカードが無くても本人と確認することができれば、預金を引き出すことができる措置を取ることができるようにしています。 このうち肥後銀行は熊本市東区の託麻…

詳細を見る

三菱東京UFJ銀行 独自の仮想通貨の実験

三菱東京UFJ銀行が独自の仮想通貨の実証実験に着手したことがわかりました。ITを活用した新しい金融サービス「フィンルック」の一貫で実用化されますと金融取引などの管理に関わる費用を大幅に節約し、決済や国際送金や振込みの手数料を安くできる可能性…

詳細を見る

金融市場では人工知能で取引は行われる!?

人工知能を使った取引で莫大な利益を上げている人が増えてきており、今後の取引は人工知能で行われるのではないかとの声もあります。 こちの動画では、人工知能を使用することで利益を上げている方に取材を行っており、1時間ごとに価格の変動…

詳細を見る

日本生命とりそなが資本、業務提携へ 店舗協力など

日本生命保険はりそなホールディングスと資本、業務提携する事を本日6日に発表しました。数百億円を投じてりそな株を取得します。 日本生命は窓口販売強化をりそなの店舗網を利用して行う予定です。りそなも財務基盤を強化する狙いを考えています。 …

詳細を見る

iPS細胞研究基金に1億円寄付 東京海上日動

30日、東京海上日動火災保険は京都大学「iPS細胞研究基金」へ1億円の寄付を発表しました。 同日にはノーベル賞を受賞した山中京大教授が同社を訪問し、永野社長から目録が送られました。 京都大学のiPS細胞研究所は数年前から研究財源を確…

詳細を見る

NISA口座 1年の節目を迎えるも”稼働率”半分以下

21日に行われた日本証券業境界の発表で、少額投資の非課税制度であるNISAで開設された口座のうち実際に株式や投資信託を購入した割合が昨年末時点で約45%であったことが明らかになりました。 昨年の1月にスタートしてから1年、口座の利用者は半…

詳細を見る

日本初!ソニー損保「優しい運転」で保険料が戻る自動車保険販売へ

ソニー損害保険が2015年2月中旬から今までに無い全く新しいタイプの自動車保険を販売することを発表しました。 「やさしい運転キャッシュバック型」と名付けられたこの保険は急ブレーキや急発進が少ない所謂「優しい運転」で保険料がキャッシュバック…

詳細を見る

銀行業界 現金の振込時間延長へ

全国銀行協会は、銀行や信用金庫などの振込時間帯を延長する方針を10日、明らかにしました。 現在、平日3時までのシステム稼働時間を1時間延ばす案などが挙がっています。 さらに一部大手銀行は土日祝日の振込にも対応する検討がされていて、どちら…

詳細を見る

三井住友信託銀が新規業 空き家対策のサービス提供へ

29日に三井住友信託銀行は、空き家対策として新事業を10月から始める事を発表しました。 子会社の三井住友トラスト不動産を中心に、警備会社や住宅メーカーと連携し空き家の管理を始めとした総合的なサービスを提供します。 高齢化や人口減少に伴い…

詳細を見る